くらし情報『『浸水前にやればよかったこと』 浸水経験者の言葉がためになる!』

2020年7月8日 16:23

『浸水前にやればよかったこと』 浸水経験者の言葉がためになる!

目次

・『浸水前にやっておけばよかったこと』体験談が参考になる!
・浸水後の生活は…?
・防災のため、準備すべき物は…?改めてチェック!
・基本的な災害への備え
※写真はイメージ

2020年7月5日、熊本県が記録的な大雨により、球磨川の氾濫や土砂崩れなどで、甚大な被害に見舞われました。

同月8日現在も、関東甲信、北陸、東海、近畿、九州地方では指定河川洪水予報が出ています。

『浸水前にやっておけばよかったこと』体験談が参考になる!

以前、自宅が浸水被害にあった、ころく(@koroku6_)さん。

同月5日に起きた熊本での浸水被害を見て、自身が被害にあった時に「やっておけばよかった」と感じたことをまとめました。

【浸水する前にやればよかったこと】

・電気製品や食べ物を2階に避難させる。

・大切な物をプラスチックケースに保管。

・冷蔵庫の中身の処分する。

・長靴を買って枕元に置く。

・カセットコンロを買っておく。

・土嚢や水嚢を積んでおく。

・車は高台に避難させる。

・水と食料の確保。

・虫よけスプレーの準備。


中でも、長靴を買って枕元に置いておくことが重要だと感じたそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.