くらし情報『イギリス外務職員の猫が辞表提出 「田舎で余生を過ごしたい」』

2020年8月11日 18:41

イギリス外務職員の猫が辞表提出 「田舎で余生を過ごしたい」

イギリス外務職員の猫が辞表提出 「田舎で余生を過ごしたい」

イギリスの外務省で『ネズミ捕り長官』として働いていた猫のパーマストン。2020年8月7日に公式Instagram上で引退することが発表されました。

パーマストンはもともと野良猫でしたが、動物保護団体に保護された後、2016年に外務省に就任。勤務地周辺のネズミ獲り任務のほか『外交大使』としても観光客をはじめ多くの人に愛されてきました。


パーマストンは、Instagramに同省のサイモン・マクドナルド事務次官宛て書かれた『辞表』を投稿。

引退の理由について「注目を浴びることから離れて、リラックスした時間をより多く過ごしたい」とつづっています。


新型コロナウイルス感染症の対策として、郊外にある職員の家で在宅勤務をしていたパーマストン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.