くらし情報『「親は自己責任だとしても…」続く言葉に考えさせられる ファーストサマーウイカの持論とは?』

2020年10月25日 14:33

「親は自己責任だとしても…」続く言葉に考えさせられる ファーストサマーウイカの持論とは?

「親は自己責任だとしても…」続く言葉に考えさせられる ファーストサマーウイカの持論とは?

2020年10月25日放送の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、『精子提供』の問題について特集。

同番組によると、本来、第三者からの精子提供は認定された国内12か所の医療機関でのみ受けることができます。

しかし近年、SNSを通じ、個人間で精子の取引を行う人も多いのだとか。

その背景には『保険を適用できないため、医療費が高額になる』ほか、『男女の夫婦以外は精子提供を受けられないため、シングルマザーや女性同士のカップルは対象外である』といった理由などがあるそうです。

さまざまな理由で行われている個人間での精子取引ですが、そこには感染症や遺伝疾患など、多くのリスクがあるといいます。

その後、同番組は「現在政府は、高額な医療費のかかる体外受精などの不妊治療に対して保険の適用を検討中」とも報じました。

ファーストサマーウイカ「生まれてきた子に、責任はない」

コメンテーターとして出演していた、歌手やタレントとして活躍しているファーストサマーウイカさんは、個人間での精子取引について、このように持論を展開しました。

安全性が高いし、本当はそこ(認定された医療機関)で、ちゃんとした手順を追ってするのが一番いいけれども、シングルマザーの方やLGBTの方とか、今認められていない人が「子供をほしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.