くらし情報『『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?』

2020年10月25日 18:10

『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?

『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?

警視庁によると、令和元年のわいせつ事件は、2020年10月25日時点で8443件認知されており、その内、未成年の被害は2495件起こっています。

また、SNSを起因とした『児童買春・児童ポルノ禁止法』の被害は1099件に上りました。

残念なことに、SNS上で「お金をあげる」「欲しいものを買ってあげる」など、甘い言葉で子供を誘う大人は後を絶ちません。

売春相手が18歳以下だと気付いた男性が…?

自身の経験を漫画にしている、もちぎ(@omoti194)さん。
10代の頃、父親を失ったことをきっかけに母親から金銭を要求され、高校生ながら毎月5万円以上を渡していたといいます。

ゲイであることがバレて、母親に殴られた息子実録漫画に「スカッとした」「素敵」

高校生で毎月5万円以上の収入を継続的に得るのは難しいこと。

そのため、もちぎさんは売春行為も行っていたそうです。

『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?
『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?
『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?
『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?

「家を出たい」と思っていた、もちぎさんにとって、売春は効率的にお金を手にできる手段だったのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.