くらし情報『映画館に『鬼滅の刃』を観に行ったら… 体験談に「これは酷い」「もっと広まるべき」』

2020年10月28日 12:15

映画館に『鬼滅の刃』を観に行ったら… 体験談に「これは酷い」「もっと広まるべき」

映画館に『鬼滅の刃』を観に行ったら… 体験談に「これは酷い」「もっと広まるべき」

2019年にテレビアニメが放送され、原作の漫画とともに大ヒットを記録した『鬼滅の刃』。

世界観やストーリー、個性的な登場人物などが人気を博し、2020年10月16日からは映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が上映を開始しました。

映画は公開から10日で国内での興行収入が100億円を突破し、史上最速を記録。なんと、2001年に公開されたスタジオジブリの作品『千と千尋の神隠し』の記録を19年ぶりに更新しました。

映画『鬼滅の刃』を映画館へ観に行ったら…

異例の大ヒットにより『鬼滅の刃』は社会現象に。ファン層も幅広く、性別問わず子供から大人まで存在しています。

chiba(@chibannfgo)さんも、胸を弾ませながら映画『鬼滅の刃』を観に行った1人。しかし、映画館で驚く出来事に遭遇したといいます。

その出来事を漫画で描き、注意喚起も兼ねてTwitterに投稿したところ、多くの人から反響が上がりました。

映画館に『鬼滅の刃』を観に行ったら… 体験談に「これは酷い」「もっと広まるべき」

映画のレイティングを設定している映画倫理機構区分(通称:映倫)によると、映画『鬼滅の刃』は『PG12』。映倫は『PG12』の定義について「小学生には助言・指導が必要」とウェブサイトで説明しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.