くらし情報『発達障害の息子の『9年間』に反響 「ラストに涙が止まらない」「救われた」』

2021年3月17日 18:00

発達障害の息子の『9年間』に反響 「ラストに涙が止まらない」「救われた」

中でも長男は『長距離走』が得意で、母親のこぐ自転車の横で走る姿は、とても生き生きとしていたそうです。

そんなある日、長男はこんなことをいいます。

「アイスホッケー、やってみたい」

発達障害の息子の『9年間』に反響 「ラストに涙が止まらない」「救われた」

※写真はイメージ

「チームプレーは難しいのでは」という不安を抱きつつも、アイスホッケーをやらせてみた母親。

すると、長男はほかの子との交流こそないものの、黙々と競技に取り組み、チームの卒団までやり切ったのです。

そして、小学校の卒業が間近となった日、息子さんは母親にこう告げます。

「俺は、もう大丈夫」

「俺は、もう大丈夫だから」

もしかしたら長男は、「母親に心配をかけている」と感じていたのかもしれません。少しずつ成長する長男。中学校へ入ると、母親と相談した上で部活動は『陸上』を選びました。

すると、小学生の頃のアイスホッケーや長距離走の経験が強みとなり、めきめきと頭角を現していきます。

そして最後は、アンカーに選ばれるほどの活躍を見せたのでした。

発達障害の息子の『9年間』に反響 「ラストに涙が止まらない」「救われた」

※写真はイメージ

「進路は自分で決めて、陸上でさらに上を目指したい」

「やらない。できない」といって泣いてばかりいた、長男の姿は、もうここにはありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.