くらし情報『『うっせぇわ』を聞かせたくない親に、ミッツが意見 内容に賛同の声』

2021年3月24日 13:17

『うっせぇわ』を聞かせたくない親に、ミッツが意見 内容に賛同の声

『うっせぇわ』を聞かせたくない親に、ミッツが意見 内容に賛同の声

2021年3月現在、18歳の歌手であるAdoさんが歌う『うっせぇわ』という曲が、幅広い世代から注目を集めています。

人気はとどまることを知らず、YouTubeに投稿された『うっせぇわ』のMVは、公開後約5か月で1億回再生されているほどです。

「うっせぇわ」というフレーズを連呼する中毒性の高い歌詞が好評を得ている一方で、歌詞を覚えてしまう幼い子供が増加。

子供を育てる一部の親たちからは曲に対し、「周りの人を傷付ける言葉を認識なく使うのが怖い」「教育に悪影響」と、歌を聞かせたくないという声が上がっています。

ミッツの意見に、賛同の声

同月23日、情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、『うっせぇわ』について特集。

子供がマネをして親に口答えをしたり、園児が「うっせぇわ」と歌いすぎて、保育園や幼稚園で禁止したりしている現状を取り上げました。

『うっせぇわ』を聞かせたくない親に、ミッツが意見 内容に賛同の声

※写真はイメージ

コメンテーターのヒロミさんは、自身の幼少期に流れていた歌について「子供が聞くような歌詞じゃなかった」といい、「歌の影響で何かが変わるわけではない。ギャグと一緒」と意見。

タレントのミッツ・マングローブさんも「これが流行ってもんですよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.