くらし情報『「お陰で見る目が変わった」 年配客が『食べないのに数人分注文』の理由とは』

2021年3月25日 12:47

「お陰で見る目が変わった」 年配客が『食べないのに数人分注文』の理由とは

・そうか、今の人は陰膳を知らないのか。失われつつある文化なのかな。

また、「バイト中に、故人の写真立てを持参されたお客様の対応をしたことがあります。もちろん人数に含みます!」というコメントも。

「故人とおいしいものや、楽しい時間を分け合いたい」という気持ちには、多くの人が共感しています。

でも飲食店は困るから…

一方で、「時代は変わりつつあるから、食品ロスのない形に変えていこうよ」という声も相次ぎました。

持ち帰る形で陰膳を提供できれば、食品廃棄になることもないでしょう。また周囲からの視線を配慮して客に個室を用意するなど、よりよい提案ができるかもしれません。

しかし、客から事前に陰膳であることを知らされなかった場合、飲食店側も十分な対応ができないのです。

客と飲食店の双方が事情を理解し合い、時代に合った陰膳を行うことが、お互いにとって最良なのではないでしょうか。

いすずさんも、こちらのように想いをつづっています。

一連の投稿は「食べ物を残しましょう」とか「陰膳しようよ」って話ではないです。

陰膳をしたいならどうぞ。ただ、「事情を話して予約してほしい…!」と思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.