くらし情報『「性差別的」とビーチハンドボール女子ユニフォームに世界から批判の声』

2021年7月28日 17:40

「性差別的」とビーチハンドボール女子ユニフォームに世界から批判の声

目次

・ノルウェー女子ビーチハンドボール代表ビキニ着用を拒否の背景
・アメリカの歌手・ピンクがノルウェー女子代表を後押し
※写真はイメージ

ビーチハンドボールの欧州選手権で、ノルウェーの女子代表チームが短パンで競技をし罰金を科されたことが、世界中に波紋を広げつつあります。

ノルウェー女子ビーチハンドボール代表ビキニ着用を拒否の背景

ビーチハンドボールでは、男子に短パンの着用を認める一方、女子は側面の生地の幅が最大10cmまでと定められており、かつ、脚の付け根に向かって切り込んだビキニパンツの着用が求められています。

これに対し、異論を唱えたノルウェー女子代表チームは、同大会に短パンを着用して出場。

事前に短パンで出場することを欧州ハンドボール連盟に許可を求め、規則違反により罰金の対象になると通達を受けた上での決定でした。

なお、ノルウェー女子代表チームは短パンを着用して競技に臨んだ後、日本円で約19万4千円の罰金が科されています。

今回の一件に対し、ノルウェーハンドボール連盟は「2021年に、話題にするべき事柄ですらない」とコメント。

また、世界各国からも同様に、今回の罰則や女子にのみビキニ着用が義務付けられているルールに対して、異議を唱える声が多数上がっています。

アメリカの歌手・ピンクがノルウェー女子代表を後押し

そんな中、アメリカの歌手・ピンクがTwitterで、ビーチハンドボールの女子のユニフォームは「性差別的」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.