くらし情報『美輪明宏「七夕を家族の思い出に」』

2017年7月7日 11:30

美輪明宏「七夕を家族の思い出に」

美輪明宏麗人だより


〜七夕を家族の思い出に〜

♪笹の葉さらさら軒端にゆれるお星さまきらきら金銀砂子~
短冊に願い事を書いて、笹の葉につるして、星に願いをこめる、昔の日本人は子どもの頃からたくさん経験してきた行事の一つでした。
今日は七夕。
織姫と彦星にとって、一年に一度逢うことが許される胸ときめくロマンスの日。
さて、今夜は雲が晴れて、ロマンスが成就するのでしょうか……。
暑い季節にも、こうして家族そろって楽しめるファンタスティックな行事があるのは、楽しいことですね。
私も幼い頃から、季節ごとの行事を家族で楽しんだ記憶が色々あります。
春には春の、夏には夏の季節ごとの行事が、今も美しく楽しい思い出として心に残っています。
蒸し暑い日が続きますが、七夕の今日は、家族そろってそれぞれの願い事を話しながら、情緒のある夜をお過ごしください。
皆さんの家族一人一人の記憶に残る楽しい七夕になりますように。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.