くらし情報『つわりが酷く「最低限の家事だけでも…」とこなす嫁だが『ピンポーン!』連日の訪問者に⇒【逆効果かも…】過剰な愛情表現とは』

つわりが酷く「最低限の家事だけでも…」とこなす嫁だが『ピンポーン!』連日の訪問者に⇒【逆効果かも…】過剰な愛情表現とは

つわりが酷く「最低限の家事だけでも…」とこなす嫁だが『ピンポーン!』連日の訪問者に⇒【逆効果かも…】過剰な愛情表現とは

過剰な愛情表現は相手を縛りつけることになりかねません。ここでは、そんな愛情の表し方について探っていきます。愛する気持ち、SNSでは控えめに恋人や家族との幸せな瞬間をSNSに投稿しすぎることは、時に他人を不快にさせる原因にもなり得るでしょう。幸せのアピールの度をわきまえることが重要です。居場所の追跡、過剰な心配は禁物恋人や家族の行方をGPSで確認し続ける行為は、相手の心を重くさせることがあるかもしれません。監視されているような感覚に陥った相手は、束縛から逃れたいと考えることも。プレゼントは心からの気持ちで過剰なプレゼントは相手にプレッシャーを与え、関係がギクシャクする原因となることがあるでしょう。お互いに気持ちが伝わるように、贈り物にも配慮が必要です。
頻繁すぎる連絡や訪問はNG
つわりが酷く「最低限の家事だけでも…」とこなす嫁だが『ピンポーン!』連日の訪問者に⇒【逆効果かも…】過剰な愛情表現とは
「つわりが酷い中、最低限の家事だけでも…と無茶をしていた時、連日のように『ピンポーン』と訪れる義母が。あまりにも頻繁なので困惑していました…。」(20代女性)過度なやり取りは、やがて相手が連絡を避ける結果に繋がります。距離感を適切に保つことで、もっと豊かな関係性を築いていくことができるかもしれません。(Grapps編集部)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.