くらし情報『「コンビニいくから運転しろ」妊娠中の妻を“家政婦”扱いする夫に限界!反論した結果⇒【離婚の危機】夫婦間の価値観のズレ』

「コンビニいくから運転しろ」妊娠中の妻を“家政婦”扱いする夫に限界!反論した結果⇒【離婚の危機】夫婦間の価値観のズレ

「コンビニいくから運転しろ」妊娠中の妻を“家政婦”扱いする夫に限界!反論した結果⇒【離婚の危機】夫婦間の価値観のズレ

共同生活を始めると、意外な価値観の違いを感じることがあります。今回は夫婦間の価値観のズレが離婚へと繋がる可能性があるケースを見ていきます。金銭感覚の不一致「夫は現在無職で、私が働いている間、家で働かず音楽の練習だけをしています。正直、私の収入だけでは生活も苦しく、無責任な態度に呆れます」(29歳/女性)金銭的な問題は、離婚の原因となることがあります。そうならないためにも、しっかりとお金の話をすることが大切です。育児の考え方の違い「夫の息子への接し方が厳しすぎると感じ、離婚を考え始めました」(33歳/女性)子どもの育児に関する考え方は、夫婦それぞれの価値観を持っています。自分が育ってきた背景が異なるため、育児法について意見が分かれることも少なくありません。大切なのは、意見の不一致があった際に、話し合いで解決策を見出すことです。
愛情表現のズレ「私に対する態度が冷たく業務的な会話ばかりで。夫がただの同居人のように感じてしまいます」(28歳/女性)子どもが生まれると、夫婦だけの時間が減ります。これが原因で、愛情表現が減り、夫婦の関係にズレが生じることがあります。関係を維持するためには、異なる方法でコミュニケーションを取ることが重要かもしれません。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.