くらし情報『美輪明宏「日本を救うのは言葉、言葉の力を信じて…」』

2016年7月11日 11:53

美輪明宏「日本を救うのは言葉、言葉の力を信じて…」

美輪明宏麗人だより
~日本を救うのは言葉、言葉の力を信じて…〜

日本の豊かな言葉は強い力を持っています。

これまで日本人は言葉や様々なモノを変化、発展進化させ生き延びてきました。
漢字がひらがな、カタカナに発展し、更にローマ字も加わり4種類の多様な言葉を持ち、その多様な言葉の紡ぎ合わせがより美しい言葉に昇華し、日本人の繊細で洗練された感性を培ってきました。
戦後は欧米文化に毒され、YESかNOかはっきりさせることが正義でデリケートなあいまいさは悪徳のように非難されてきましたが、これからの微妙な世界情勢の中で、外交や厳しい経済情勢のかけひきの社会生活では、この微妙な表現こそ力を発揮します。
現に、米国をはじめYES/NOハッキリしたがる欧米各国が国際会議では終始あいまいな表現に終始しているでしょう?

日本人は今こそ、日本語の洗練された表現や言葉の力を信じ、国語力の向上を図りましょう。

若者のはやり言葉だけでは困りますよねぇ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.