くらし情報『発達障害を持った子供への接し方!寄り添って観察することが大切』

2020年10月25日 10:00

発達障害を持った子供への接し方!寄り添って観察することが大切

何が原因で癇癪を起すのか分からない発達障害の子供。 どう接したら良いか分からないという悩みを抱えているママも多いのではないでしょうか? 今回は、発達障害を持った子供への接し方について紹介します。

発達障害の子供への接し方

目次

・発達障害の子供への接し方
・トラブルを防止するための心がけ
・できていることをたくさん褒めてあげて!
発達障害を持った子供への接し方!寄り添って観察することが大切


他の子より発達の凸凹が大きい子供に接する時に気を付けたいことを見ていきましょう。

子供の気持ちに寄り添うこと
発達障害の子供に接する時は不必要に叱らないことが大切です。なぜこういう行動を取るのだろうと子供の気持ちに寄り添い、まずは理解してあげましょう。

落ち着いたらどうしたかったのか、何が嫌だったのかを聞いてみることも大切。子供の気持ちが理解できれば、対処法を考えることもできます。

子供の気持ちを代弁する
発達障害の子供の多くは自分の気持ちを表現することが苦手です。そのため周囲から誤解されることもしばしば。特に幼少期のうちは親が子供の気持ちを代弁する必要があるでしょう。

それでも親が介入する時期は限られてきます。自分で感情を表現できるように、感情を絵で表したカードなどでコミュニケーションをサポートしていくとよいでしょう。

一貫性のあるルール作りを
発達障害の子は「家ではOKでも外ではNG」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.