くらし情報『発達障害を持った子供への接し方!寄り添って観察することが大切』

2020年10月25日 10:00

発達障害を持った子供への接し方!寄り添って観察することが大切

といった複雑なルールに対応ができない子がほとんどです。子どもの混乱を招くため、一貫性のあるルール作りを大切にしましょう。

特に自閉スペクトラム症の子は一度覚えたルールには強いこだわりを発揮します。予定やルールを変更する場合は、できるだけ早めに具体的に内容を伝えるようにするとスムーズに対応してくれる可能性が高くなります。

言葉で伝わらないときは視覚に訴える
何度言っても伝わらないというときは、絵にして伝えるとすんなり理解してくれることもあります。

また、話すことが苦手な子には、話したい内容を紙に書き出すという方法も有効です。内容を整理してまとめることによって話しやすくなるでしょう。

トラブルを防止するための心がけ

発達障害を持った子供への接し方!寄り添って観察することが大切


発達障害が完全に治ることはないようです。しかし、発症する条件を把握して事前に手を打ったり、日ごろからトレーニングをしたりしていれば、症状を緩和することができます。症状が現れる条件を観察する
子供がどういった条件下で癇癪を起すのか、生活のしにくさがあるのかを観察することで傾向がつかめてきます。傾向が把握できれば事前に対策をとったり工夫したりできるので、トラブルになる可能性を減らせるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.