くらし情報『切迫早産ってどんな状態?原因と切迫早産と診断されたときの過ごし方』

2020年11月21日 17:06

切迫早産ってどんな状態?原因と切迫早産と診断されたときの過ごし方

妊娠中は、突然のトラブルに遭遇することもあります。トラブルのひとつに切迫早産がありますが、予定日近くまでしっかりお腹の中で育てたいですよね。

そもそも、切迫早産とはどのような状態をいうのでしょうか。妊娠中で不安を感じている方のためにも、切迫早産の原因や診断されたときの過ごし方を解説します。

切迫早産とは

目次

・切迫早産とは
・切迫早産の原因
・切迫早産と診断されたら?
・生活習慣を見直し無理のない妊婦生活を送ろう
切迫早産ってどんな状態?原因と切迫早産と診断されたときの過ごし方


切迫早産とは、妊娠22週0日~36週6日の間で早産になりかけている状態のことです。子宮の収縮が規則的に起こったり子宮口が開いていたりして、早産の一歩手前であることが分かります。

早産はさまざまなリスクが考えられるため、切迫早産は早期に発見して医師の診察を受けることが大切です。

切迫早産の原因

切迫早産ってどんな状態?原因と切迫早産と診断されたときの過ごし方


早産は全妊娠の約5%に起こると言われていて、赤ちゃんの体がまだ未熟なためリスクが高いです。早産を予防するためにも、切迫早産の段階でしっかりと診察を受け、治療をしたいもの。では、切迫早産はどのような原因で起こるのか見ていきましょう。

子宮頸管無力症
子宮頸管無力症になると、自覚症状がないまま子宮の入口である子宮頸管が開いてしまい、切迫早産を引き起こします。

通常、子宮頸管は閉じていて、陣痛が始まるまで赤ちゃんを子宮内に留めているのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.