くらし情報『コロナ渦で娘がセリーヌのランウェイに出るまで。【前編】』

2020年11月10日 09:04

コロナ渦で娘がセリーヌのランウェイに出るまで。【前編】

またキャスティングに招かれるモデルは、あらゆるサポートをセリーヌから受けるという素晴らしい待遇でもありました。

コロナ渦で娘がセリーヌのランウェイに出るまで。【前編】

次女初パリコレランウェイ

ともあれ、学期中だった次女は、まず学校を休む許可を取らねばならない。というのもドイツは学校の欠席に関して厳しいルールがあり、3日以上欠席する場合は医者の診断書がなくては認められないのです。

キャスティング自体は1日だったのですが、乗り継ぎにつぐ乗り継ぎで半日かかる場所、ドイツではフランスはコロナリスク地域に指定されていたので帰国したらコロナテストの結果がでるまで隔離の義務がありました。(現在はコロナテストは即座に受けられず、隔離をした後のテストと規則が変わっています)

そのため学校を長く休む可能性があること、またこの仕事が決まったら本番のためにさらに数日休む可能性があること。これまではモデルの仕事は学校に支障をきたさない範囲でやってきたのですが、今回ばかりはどうしようもありません。担任の先生や学校サイドとも話し、許可を取りました。

コロナ渦で娘がセリーヌのランウェイに出るまで。【前編】

リハーサルもソーシャルディスタンスなしだったのでした。

ドタバタと学校や諸々の環境を整え、キャスティングに向かうにも完璧なコロナ対策をして参加。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.