くらし情報『30代でも起こる若年性更年期障害とは?こんなに早く…治療法は?』

2020年11月27日 09:00

30代でも起こる若年性更年期障害とは?こんなに早く…治療法は?

更年期障害といえば40代から50代の女性に起こるものだと思われがちですが、20代から30代に症状が表れる若年性更年期障害もあります。

今回は若年性更年期障害について解説しますので、自分の症状に不安を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

若年性更年期障害とはどんな症状?

目次

・若年性更年期障害とはどんな症状?
・若年性更年期障害の原因は?
・若年性更年期障害の治療法は?
・男性にも若年性更年期障害がある?
・不安な方はセルフチェックをしてみよう
30代でも起こる若年性更年期障害とは?こんなに早く…治療法は?


若年性更年期障害の症状は、40代から50代で起こる更年期の症状とほぼ同じで、ほてりや頭痛、イライラ、肩こりなどがあります。

さらに症状が悪化することで骨粗しょう症、膣の乾燥や委縮、無月経症などの症状が出る可能性も。「忙しかったから体調不良になったのだろう」と安易に自己診断はせず、不安要素がある人は医師の診察を受けましょう。

若年性更年期障害の原因は?

30代でも起こる若年性更年期障害とは?こんなに早く…治療法は?


若年性更年期障害は過剰なストレスや無理なダイエット、睡眠不足、食生活の偏りからくる自律神経の乱れによって、若いうちから卵巣機能の低下を引き起こすことが原因だと考えられています。

過剰なストレスの背景には働く女性が増え、仕事でのストレスを抱えやすくなったことも要因かもしれません。

若年性更年期障害の治療法は?

30代でも起こる若年性更年期障害とは?こんなに早く…治療法は?


もしかして若年性更年期障害かもしれないと思ったら、まずは婦人科でホルモン値を検査してもらいましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.