くらし情報『子供の野菜嫌い、どのように付き合っていけば良い?』

2020年11月20日 09:32

子供の野菜嫌い、どのように付き合っていけば良い?

子供の野菜嫌い、どのように付き合っていけば良い?


子どもの食事の悩みで良く耳にするのが野菜を食べてくれない。どんなご家庭でも、最初から野菜大好き!積極的に食べる!というお子さんはなかなかいないのでは?と思います。

でもどうしてそんなに野菜=嫌いというカテゴリーにされてしまうのでしょうか?大人になって、小さい頃に苦手だった野菜も食べられるようになるケースは多いので「今」食べられないことが最大の問題ではないのですが、お子さんが小さなうちから習慣づける姿勢というのはとても大切なこと。

今回はどのようにお子さんの野菜嫌いと付き合っていけば良いのか?について考えたいと思います。

1.そもそもなぜ食べないのか
まず、どうして野菜嫌いになってしまうのか?この原因を知ることが第一ステップです。理由が分からないと「どうして食べないの?」「食べなさい」とついママもネガティブに強制したりしてしまうことも。そもそもお子さんの味覚が根本的に大人とは違う、というところを知る必要があります。

乳幼児に好き嫌いがあるのは当たり前

子供の野菜嫌い、どのように付き合っていけば良い?


味を感じる味覚というのは、舌にあるブツブツとした味蕾によって感じるもの。ここで感じた味の情報が脳にいきわたり記憶されていくのですが、生まれた時の味蕾の数は10,000個前後あるのに対し、大人になると実はその1/3くらいまで減ってしまうと言われています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.