くらし情報『【フランスからの報告】OK?  NG? 日仏・躾ギャップ』

2020年11月22日 10:07

【フランスからの報告】OK?  NG? 日仏・躾ギャップ

フランスといってもパリから660km以上離れたスイスとイタリアの国境近く、フレンチアルプスのスキー場暮らし。そんな田舎&山から、華やかさはないけれど、ごく普通で一般的なフランスの日常や教育についてご紹介。

今回は、日本と真逆のフランスの躾事情についてレポート!

第10回OK? NG? 日仏・躾ギャップ

「告げ口」&;「言いつけ」はOK!
【フランスからの報告】OK?  NG? 日仏・躾ギャップ


村の小学校に勤務して最初に驚いたことといえば「告げ口は大いに結構」なことだった。

例えば、誰かが汚い言葉(いわゆる「畜生」「くそったれ」「 阿呆」など一般に禁止されているスラング)を口にした。髪を引っ張った。つねった。足を蹴られたなど。ごく小さな意地悪やけんかでも、子ども達はそれを教師や私達スタッフにすぐに訴え、それに大人は耳を傾け、相手の子を呼び、即、問題を解決しなければいけない。

家でも同様。友達と何か問題があれば、子どもは親に言いつけ、親は翌日には連絡帳に書いてきたり、電話、あるいは学校に来てそのことを申告。教師は調停役になる。

今はわからないが「すぐ告げ口する子」や「言いつけ魔」は小生意気と嫌われ、子どものけんかに大人が口を挟むこともよしとしない傾向が強かった日本で育った私は、はじめ、これになかなかなじめなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.