くらし情報『コーヒーの飲み過ぎは肌荒れの原因に?一日何杯まで飲んでいいの?』

2020年11月29日 10:05

コーヒーの飲み過ぎは肌荒れの原因に?一日何杯まで飲んでいいの?

肌が荒れていると、メイクをしたり、人と会ったりするのが億劫になってしまいますよね。肌荒れの原因は、生活習慣やスキンケアなどさまざまですが、コーヒーの飲み過ぎも影響すると考えられます。詳しく見てみましょう。

コーヒーが肌荒れの原因になる理由

目次

・コーヒーが肌荒れの原因になる理由
・コーヒーを飲むときに気をつけるポイント
・美肌を目指すならコーヒーは一日何杯まで?
・飲み過ぎは肌荒れの原因に!飲み方に工夫を
コーヒーの飲み過ぎは肌荒れの原因に?一日何杯まで飲んでいいの?


仕事に集中したいときや、朝食のときなど、頻繁に飲みたくなるコーヒー。しかし、コーヒーの飲み過ぎは肌荒れの原因になることがあります。その理由を見てみましょう。

カフェインの利尿作用による栄養不足
コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があります。カフェインを過剰摂取すると、体内の水分が流れ出てしまい、肌の乾燥につながる可能性があるのです。また、尿と一緒にビタミンB群やビタミンCなど、美肌には欠かせない成分も体外に出てしまうので、栄養不足になることもあります。

覚醒作用により自律神経が乱れる
コーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用があります。仕事中や眠気を飛ばしたいときに飲むと効果的ですが、摂りすぎると自律神経が乱れ、睡眠の質が落ちたり、皮脂の分泌が過剰になったりすることもあるのです。

胃にダメージを与える
リラックスできるコーヒーですが、カフェインには胃酸の分泌を促す作用があるため、飲み過ぎると胃が荒れてしまうことも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.