くらし情報『子どもの偏食、アレルギーと、洋梨の話』

2020年11月15日 08:45

子どもの偏食、アレルギーと、洋梨の話

食欲の秋です。

きのこ類や栗、サツマイモ、それに秋茄子と、お店には魅力的な食材が山積みです。ただし、せっかく買って腕をふるっても子どもが食べてくれなければ、へこたれますよね。

子どもの食の悩みはつきものです。

息子が小さかった頃は、食べて欲しい一心で常に献立を思考錯誤していた気がします。

味はもちろん、柔らかさの度合いや人差し指と親指でつまめるかどうか、あるいはスプーンで掬えるかをチェックし、そして食材も豊富に、さらに、苦手なものも少し加えて慣れさせよう、などと考え必死でした。苦手食材の克服には、献立以外でも、例えば買い物中に自分で探して来させたり、一緒に絵本で見たりもしました。小松菜などの青菜は、こうしてある時を境に好物にまでなったんです。そういうわけで、息子はどちらかというと好き嫌いは少なめだったと思います。

小学校に上がり、保育園に引き続き給食で色々な食材を口にする日々。栄養士さんが一生懸命工夫してくれるお昼ご飯を、美味しいと言って、毎日お代わりまでして帰る時期もありました。

ふう、やれやれ。食の悩みは卒業したな。ところが、そう肩をなで下ろしていたところに、新たな問題が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.