くらし情報『生理中に摂ったほうが良い食べ物とは?控えるべき食べ物も紹介』

2020年11月24日 12:00

生理中に摂ったほうが良い食べ物とは?控えるべき食べ物も紹介

生理中は、普段とは違う食べ物を好んだりいつもより多く食べたりしてしまう人も多いようです。腹痛や頭痛など不快な症状も出て、鎮痛剤に頼ってばかりという人も少なくないでしょう。しかし、薬に頼るよりも食べ物を工夫することで症状が軽くなることも。

そこで本記事では、生理中におすすめの食べ物や控えたほうがよい食べ物を紹介します。

生理中のさまざまな不快症状の原因とは

目次

・生理中のさまざまな不快症状の原因とは
・生理中に摂ったら良い食べ物とは
・生理中に摂ったらだめな食べ物とは
・生理中は意識して体に良い食べ物を摂ろう
生理中に摂ったほうが良い食べ物とは?控えるべき食べ物も紹介


生理中の不快な症状は、さまざまな原因によって引き起こされます。生理前になると情緒が不安定になり、イライラしたり落ち込んだりする人は少なくありません。それは、プロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲン(女性ホルモン)などのホルモンバランスが崩れることが原因です。生理前から起こるこのような精神的・肉体的症状を月経前症候群(PMS)といいます。

また生理中は腹痛に悩む人が多いもの。これはプロスタグランジンという物質が分泌され、子宮収縮が起こるためです。さらに経血の量が多いと、鉄分不足から貧血になることも多いでしょう。貧血によりめまいやふらつき、動悸、倦怠感などが引き起こされます。

生理中に摂ったら良い食べ物とは

生理中に摂ったほうが良い食べ物とは?控えるべき食べ物も紹介


では、このような症状を緩和するためには、どのような食べ物を摂ったら良いのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.