くらし情報『赤ちゃんが来た!嬉しいけれど、時々寂しい気持ちの話。』

2020年11月25日 10:06

赤ちゃんが来た!嬉しいけれど、時々寂しい気持ちの話。

我が家は、ひとりっ子。きょうだい喧嘩がなくて静かです。でも年の近い遊び相手が家にいないので、結局、私がやりとりをすることに。すると、だんだんとお母さんと息子の関係というより、まるできょうだいのようになってきます。

リモコンやチョコレートを取り合ったり「そっちがずるい」の言い合いで喧嘩をしたりで、結局静かなんてものではありません。大人気ない「姉」と負けず嫌いの「弟」の諍いがやかましいと、リモート中のパパがやってきて苦笑い。静かにできないものかとクレームしてくるほどです。

もうひとり子どもがいたら、どうだったのだろうか。子ども同士で争ってくれれば、私は大人らしいシュッとしたお母さんでいられたかも。いや、どうでしょう。不公平にならないように冷静に対応して、同じように平等に愛せるかしら。あれこれ想像してみます。

ふと私が子どもの頃を思い出しました。私には妹がいます。でも5歳半になるまでひとりきり。おもちゃやお菓子があふれる家ではなかったものの、子どもが受け取るものは全て独り占めということです。

きょうだいと奪いあったり分かち合ったり、さらには競い合ったり嫉妬したりする経験もないままでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.