くらし情報『赤ちゃんが来た!嬉しいけれど、時々寂しい気持ちの話。』

2020年11月25日 10:06

赤ちゃんが来た!嬉しいけれど、時々寂しい気持ちの話。

といっても、門前ですけどね。さりげないユーモアを交えつつ、お兄さんとしての心の成長を、シンプルに、且つ見事に描いた名作です。コラージュの技法を使った絵のタッチも魅力的!(5・6歳から)

『二日月』(いとうみく:作/そうえん社)

赤ちゃんが来た!嬉しいけれど、時々寂しい気持ちの話。


三人家族だった杏のところに、新しく赤ちゃんがやってきます。お姉ちゃんになるのを心待ちにしていた杏ですが、なんだかパパとママの様子がおかしい。妹はよく吐くし、病院にもよく行く。どうやら「障がい」があるみたい。徐々に杏の心に、不安や寂しさが渦巻いて行きます。

ゆとりがなくなってゆくパパとママと、思わず不満をぶちまける杏とのやりとりは力強く、序盤からドキリとさせられます。強いお母さんや優しい友達に支えられ、成長してゆく杏の姿が、素直でグッときます。同じ状況になくてもうなづける、高学年向けの読み物。

上の子も下の子も、大切に育てたい。ウチのボクもタンタンも。 (Anne)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.