くらし情報『授乳はいつまで必要なの?母乳についての疑問を解説!』

2020年12月5日 14:10

授乳はいつまで必要なの?母乳についての疑問を解説!

いつまで授乳を続けるべきか悩むママは多いはず。赤ちゃんにとって母乳はいつまで必要なのか悩みますよね。

今回は授乳に関する「いつまで?」という疑問を解説。卒乳時期をいつにすべきか悩んでいるママはぜひ参考にしてください。

授乳はいつまで続けるべき?

目次

・授乳はいつまで続けるべき?
・母乳の栄養はいつまである?
・母乳はいつまで出てくれる?
・卒乳と断乳の違いは?
・母乳育児を楽しもう!
授乳はいつまで必要なの?母乳についての疑問を解説!


授乳タイムはママにとっても赤ちゃんにとっても幸せなとき。では、授乳はいつまで必要なのでしょうか。

赤ちゃんにとって授乳はいつまで必要?
母乳は栄養が豊富で赤ちゃんの健康をサポートします。そのため、離乳食を1日3回しっかりと食べられるようになるまでは授乳が必要です。

栄養学的には離乳食をしっかり食べられるようになるまで授乳は必須ですが、赤ちゃんにとって授乳は安心できる心の栄養でもあります。赤ちゃんが母乳を欲しがるうちは離乳食後に授乳をしても問題ありません。

WHOの推奨する授乳期間は?
WHO(世界保健機関)の推奨する授乳期間は2歳以上まで。

2歳以上まで授乳をするのは長く感じられますが、授乳はママと赤ちゃんのスキンシップになるので、世界的にみて2歳ごろの赤ちゃんがママを求めておっぱいを欲しがるのは自然なことかもしれません。

日本では、1歳から1歳5カ月くらいまで授乳をしているママが多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.