くらし情報『子供のおやつ代を節約するために見直したい「考え方」と【節約おやつ】』

2020年12月5日 10:16

子供のおやつ代を節約するために見直したい「考え方」と【節約おやつ】

毎日かかる子供のおやつ代、できれば節約したいですよね。1日100円だとしても、毎日食べれば3,000円、子供が2人だと6,000円、3人だと…とおやつ代はどんどん膨らんでいきます。そこで今回は、おやつを見直す考え方と、節約法をご紹介いたします。

おやつは「ごほうび」にして節約する

子供のおやつは、ファミリーパックをまとめ買いしても結構な金額になります。だから、我が家ではおやつは特別な日しか買いません。例えば、遠くに出かける時、とてもがんばった時など、子供におやつを買ってあげるタイミングを限定的にします。すると、おやつ代が節約できるだけでなく、今だけは静かにしていて欲しい時、今日は頑張らなければならない時など、おやつが子供を育てやすくするアイテムにもなるのです。

しかし、今までおやつを毎日決まった時間に当たり前に食べてきた場合、突然おやつを失くすのは可哀想、子供がおやつを欲しがって泣き喚いてしまうから困るということもあるでしょう。そんな時は、おやつの意味を考えてみましょう。

子供のおやつの目的は?

実際、おやつの目的は砂糖や刺激物を摂ることではなく、栄養補給です。子供の頃は、成長のためにたくさんのエネルギーが必要。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.