くらし情報『里帰り出産後いつ自宅に帰る?平均日数やメリット・デメリットを解説』

2020年12月17日 08:40

里帰り出産後いつ自宅に帰る?平均日数やメリット・デメリットを解説

産後の体調を整えたり、メンタルを保つために実家に里帰りして出産するという方は多いのではないでしょうか?けれど、実際里帰りする上でいつ頃自宅に帰ろうかと悩んでいる方も多いかもしれません。

こちらの記事では、里帰りの平均日数や、里帰りするメリットやデメリットをまとめていきます。

里帰り出産の平均日数とは?

目次

・里帰り出産の平均日数とは?
・里帰り出産のメリット
・里帰り出産のデメリット
・ペースに合わせて里帰りの日数を決めよう
里帰り出産後いつ自宅に帰る?平均日数やメリット・デメリットを解説


まずは、一般的な里帰りの平均日数についてチェックしてみましょう。

産後の1ヶ月検診が終わるまで
里帰り出産をした場合、出産後に1ヶ月程度実家に滞在することが多いようです。理由として、出産をした病院で1ヶ月検診があることが挙げられます。自宅に帰ってしまうと1ヶ月検診が受けられない、または受けるのが不便になるので、これを終えてから自宅に戻ることが多いようですね。

体調次第で長くなるケースも
出産時に大量出血したり、精神的に不安定なことが続いたり、子どもに手がかかって育児以外がままならなかったり、と産後はさまざまな問題が起こりがちです。そのような場合は、2〜3ヶ月ほど実家に滞在したという方も。自分の体調と相談しながら里帰りの日数を決めるといいですね。

里帰り出産のメリット

里帰り出産後いつ自宅に帰る?平均日数やメリット・デメリットを解説


里帰り出産をするメリットについて見てみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.