くらし情報『アスペルガー症候群とADHDは両方とも発達障害。特徴と違いを紹介』

2020年12月14日 16:52

アスペルガー症候群とADHDは両方とも発達障害。特徴と違いを紹介

アスペルガー症候群とADHDはどちらも発達障害のひとつです。どちらの発達障害も、学校や職場でうまくなじめず問題を抱えがち。そのため、それぞれの症状を理解して支援することが欠かせません。

そこで本記事では、アスペルガー症候群とADHDの特徴とその違いについて紹介しましょう。

アスペルガー症候群とADHDは発達障害

目次

・アスペルガー症候群とADHDは発達障害
・アスペルガー症候群とADHDの相違点
・アスペルガー症候群とADHDは併発も
アスペルガー症候群とADHDは両方とも発達障害。特徴と違いを紹介


まず、アスペルガー症候群とADHDの共通点から紹介します。

生まれついての「特徴」といわれる
アスペルガー症候群とADHDは「うつ」などの精神疾患とは異なり、いずれも生まれついての「特徴」。小さいころからほかの子どもと異なるため、早い段階で両親が気付くことも多いでしょう。

学校や仕事に上手くなじめない状態
アスペルガー症候群とADHDに対する理解は少しずつ深まりつつありますが、ただ単に「変わった人」と捉えられることも少なくありません。そのため周囲にうまくなじめず、不登校になったり退職したりと問題を抱えてしまうことも。世間にうまくなじんでいるように見える人でも、実際には周囲に合わせる努力をして内心疲れていることも多いようです。

アスペルガー症候群とADHDの相違点

アスペルガー症候群とADHDは両方とも発達障害。特徴と違いを紹介


それでは、アスペルガー症候群とADHDはどのように違うのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.