くらし情報『小学生に性教育は必要?家庭での性教育は何を教えたらいいの?』

2020年12月25日 10:03

小学生に性教育は必要?家庭での性教育は何を教えたらいいの?

10歳を過ぎると月経や精通、体つきの変化などがある第二次性徴が始まるので、そのタイミングで性教育をしても子供たちは気恥ずかしく真剣に耳を傾けることが難しくなります。

10歳までに、生理が始まるというのは赤ちゃんを産む準備ができたということ、赤ちゃんがどうやってできるか、妊娠のしくみなどについて話しておくとよいでしょう。

家庭での性教育のポイント

小学生に性教育は必要?家庭での性教育は何を教えたらいいの?


家庭での性教育は、子供と一緒に性について考えてみるチャンスでもあります。「もし、今赤ちゃんが生まれたら、育てられるかな?学校はどうしようか?じゃ、妊娠しないためにはどうしたらよいと思う?」と子供に問いかけて、性について色々と話し合ってみましょう。

感染症や性犯罪など性のリスクを伝えるのも、忘れてはいけません。そして、性は命を繋ぐということ、性行為は、お互いが愛し合っているからできる素敵なことだということも伝えられたらよいですね。性のリスクを伝えただけでは、性に対して良いイメージを持たないかもしれないので、子供が性を肯定的に捉えることができるようにしましょう。

親がごまかしたり叱らない
「赤ちゃんはどうやってできるの?」と子供に聞かれても、親がごまかしたり叱ったりするのはやめてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.