くらし情報『性教育は学校でどの程度習う?小中高別に学習内容を解説』

2020年12月26日 10:18

性教育は学校でどの程度習う?小中高別に学習内容を解説

また、性感染症やエイズ、性に関する具体的な問題についての授業もあります。

高校で教わる性教育の内容
高校では、家族の役割や健康維持の大切さについて学びます。生涯を視野に入れた生活設計を立てることの大切さを教え、実際に子供に設計図を描かせる学校も少なくありません。

海外の学校ではどんな性教育を行なっている?

性教育は学校でどの程度習う?小中高別に学習内容を解説


性教育の内容や教えるタイミングは、国によって様々です。性教育先進国と呼ばれるオランダと、性について保守的なプロテスタントが多いアメリカの性教育を紹介します。

オランダでの性教育事情
オランダでは、小学1年生から性教育が始まります。高学年になると、実際にコンドームを使う方法を実習するなど、より具体的な性教育を受けることが一般的です。 日本での中学生くらいの年齢になると、性行為や性感染症、避妊、妊娠などをさらに具体的に学びます。

アメリカでの性教育事情
アメリカでは州や学校の方針によって、性教育の内容が大きく異なります。しかし、多様性を重んじる流れから、同性愛者などの性的マイノリティと呼ばれる人々への理解について学ぶ機会が多い傾向があると言えるでしょう。 また、プロテスタントが主流を占めることから、結婚まで性的関係を持たないことを推奨する学校も少なくありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.