くらし情報『知的障害があるかどうかは赤ちゃんの時期に分かる?傾向も解説』

2020年12月26日 12:19

知的障害があるかどうかは赤ちゃんの時期に分かる?傾向も解説

精神遅滞や知的能力障害とも呼ばれることがある「知的障害」は、赤ちゃんの時期から分かるものなのでしょうか。また、知的障害がある場合、0歳の頃にはどのような特徴が見られることがあるのか、具体的に紹介します。

知的障害があるかは赤ちゃんの頃に分かる?

目次

・知的障害があるかは赤ちゃんの頃に分かる?
・知的障害の0歳の赤ちゃんに見られる特徴
・不安点があるときは病院や保健所に相談しよう
知的障害があるかどうかは赤ちゃんの時期に分かる?傾向も解説


知的障害は、発達障害のひとつです。生命として誕生してからおおよそ18歳までの「発達期」に発症するため、赤ちゃんの時点で分かることもあれば、幼児期以降に分かることもあります。

そもそも知的障害とは
知的障害とは、知的能力と適応能力の両方に問題を抱える障害です。一般的にIQが70未満の場合に知的障害と考えられますが、実際の診断では知的能力だけでなく適応能力もチェックするため、IQが低くても適応能力が高ければ知的障害とは診断されないことがあります。

知的障害の0歳の赤ちゃんに見られる特徴

知的障害があるかどうかは赤ちゃんの時期に分かる?傾向も解説


知的障害の症状が重いと、赤ちゃんの頃から気付きやすい傾向にあります。反対に軽度の場合は、気付きが遅くなるかもしれません。

赤ちゃんはIQを測定することができないため、厳密な意味で知的障害かを診断することは難しいですが、いくつかの特徴から知的障害を疑うことは可能です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.