くらし情報『サンタクロースの謎に迫りたくなる小学生』

2020年12月15日 15:00

サンタクロースの謎に迫りたくなる小学生

我が家は、親族が外国に住んでいるので、クリスマスから年末年始を国外で過ごすことが度々あります。それでも、サンタさんはちゃんと息子のところに訪れてくれました。

今年はコロナ禍ということもあって、渡航できないのが寂しいですが、前年までの楽しかった思い出を今もう一度、噛みしめているところです。

息子が就学前の小さかった頃、12月半ばを過ぎると、フランスの母のところへ行っていました。そこで迎える25日の朝には、時差ぼけは何処へやら。息子は飛び起きて、ヨーロッパならではの暖炉にぶら下がった靴下の前で足踏みです。喜びと興奮でウズウズするんですね。

サンタさんは煙突から入ってきたんだ、という雰囲気が漂っていて、見ている大人も浮きたちます。朝食はもちろんそっちのけ。即座に靴下からプレゼントを取り出し、大騒ぎです。そこには毎回フランス語でメッセージが添えられていました。

「東京の家に大きいプレゼントを置いてきた。戻ったら開けてみてくれ」

「サンタさん、フランスに来てるって知ってたのかしらね?」

こんな風に、私は息子に声をかけていました。

昨年過ごしたのは、従姉の住むシアトルです。やっぱりそこにもサンタさんは訪れてくれました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.