くらし情報『子供がいじめにあった!?転校する際の手続きや失敗しない方法』

2020年12月22日 09:00

子供がいじめにあった!?転校する際の手続きや失敗しない方法

もしも子供がいじめにあってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

いじめを理由に転校などできるのか気になるものです。

今回は子供がいじめにあった場合転校はできるのか、転校先でいじめを受けないようにするにはどうすればいいかなどをご紹介します。

いじめを理由に転校はあり?

目次

・いじめを理由に転校はあり?
・いじめを理由に転校する際にすること
・転校した子供のいじめを防ぐには?
・いじめで悩んだら転校も視野に入れて
子供がいじめにあった!?転校する際の手続きや失敗しない方法


いじめを理由とする転校は本来であれば難しいです。

親の転勤などでの引っ越しなら問題はありませんが、それ以外での転校は難しいといわれています。

しかし、いじめを受けたまま同じ学校に通うのは子供にとって辛いもの。

そのため、学校と話し合えばいじめが理由でも転校は可能です。

親が味方であることを教える
まず、いじめを理由に転校をする前に親が味方であることを子供に伝えましょう。

どういういじめを受けているのか、実際に子供としてはどうしたいか、などを知る必要があります。

親が味方という意識があるだけで、子供の気持ちも違ってくるでしょう。

いじめを理由に転校する際にすること

子供がいじめにあった!?転校する際の手続きや失敗しない方法


実際にいじめを理由に転校する場合、なにをすればいいのでしょうか。

学校と話し合う
いじめの内容を把握し、学校と話し合うことが大事です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.