くらし情報『親子関係を絶縁できるの?法律的に親子関係を解消する方法を解説』

2021年1月2日 15:28

親子関係を絶縁できるの?法律的に親子関係を解消する方法を解説

子どもと良い関係が築けない…そんな時は、親子関係を絶縁したほうがよいのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、親子関係の絶縁は実際に可能なのかわからないですよね。そこで今回は、法的にも有効な親子関係を解消する方法について紹介します。

そもそも親子は絶縁可能なの?

目次

・そもそも親子は絶縁可能なの?
・親子関係の法的な縁とは
・法律的に親子関係は解消できる?
・分籍や養子縁組を検討してみよう!
親子関係を絶縁できるの?法律的に親子関係を解消する方法を解説


法律的には、親と子どもの関係を絶縁する方法がないのが現状。簡単に絶縁できないのは、親には子どもに対するさまざまな義務が発生するからです。

どんなに親と子どもの関係が悪くても親子関係の絶縁は困難であることを理解しておきましょう。

親子関係の法的な縁とは

親子関係を絶縁できるの?法律的に親子関係を解消する方法を解説


では、親の子どもに対する義務とはどのようなことなのでしょうか。親子関係の法的な縁について詳しく見ていきましょう。

子どもが未成年の場合
子どもが未成年の場合、親には養育・監護する義務が発生します。養育とは子どもを養って育てることを意味し、監護は子どもが危ない目に遭わないように監督して保護することです。

子どもが生まれた瞬間から、養育と監護の義務が親に発生するので、どんなに親子関係が悪くても簡単に縁は切れないということになります。

子どもが成年の場合
子どもが成人したあとに発生する義務は、生活扶助義務と相続関係になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.