くらし情報『河西流!子どもが意地悪をした時に教えたい大切なこと。』

2021年1月18日 10:46

河西流!子どもが意地悪をした時に教えたい大切なこと。

また、劣等感や他者との比較により意地悪な行動を起こしてしまう子もいます。そういった場合は、比較をする必要はないということと、親にとって一番大切な存在であることを常日頃から伝え、自己肯定感を高められるような対応をしていってください。

自己肯定感が高まれば、他者との比較をせず「自分らしく生きていていい」と思えるようにもなります。幼児期こそ自己肯定感と多様性を高められるようにしてくださいね。

では、反対に意地悪をされて傷ついた子どもへの対応は?

実際に意地悪をされて傷ついてしまった子どもへはどのような対応が必要なのでしょうか?

そこにも重要な役割なのはやはり、親からの言葉がけです。お子さんが辛かった思いを受け止めて、たくさんスキンシップを取って心を安定させることからまずは始めましょう。

次に、「自信」をもたせることです。意地悪をする相手は、意地悪をされてしまう子どもがどのような反応をするのか?を見たいから行うことが多いです。

ですから、されてしまう側に「受け流すスキル」を学ばせて、反応しない、ひたすら受け流す、そして「自分は自分でいい」と伝えこちらも自己肯定感が高められるような言葉がけをしていくと、芯の強い子どもに育ちます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.