くらし情報『最強の朝活!?「朝散歩」で1日を始めよう!そのメリットとやり方を解説』

2021年2月5日 10:49

最強の朝活!?「朝散歩」で1日を始めよう!そのメリットとやり方を解説

を作るのに欠かせない物質。セロトニンがしっかりと分泌されることで、入眠や睡眠の質を高める効果が期待できます。

3. ビタミンDを摂取できる
ビタミンDは、骨を丈夫にするのに欠かせないホルモン。不足していると、骨粗鬆症になる危険性も。それほど大切なものなのですが、多くの日本人には欠乏していると言われています。

食べ物から摂取できるほかに、紫外線を材料として体内で生成することも可能です。10分ほど皮膚に日光を当てるだけでいいので、10〜30分が目安の朝散歩がうってつけなのです。

4. 体内時計が整う
質のいい睡眠を取りたい、気分を安定させたいという人は、体内時計を整えておく必要があります。催眠作用がある「メラトニン」は、2,500ルクス以上の太陽の光を浴びることで分泌を抑制することが可能です。

2,500ルクスとは、晴れた日の窓際で浴びる光くらいの強さだと言われていますが、雨の日や曇りの日でも、5,000〜10,000ルクスほどの明るさがあるので、天気が悪い日の朝散歩も有効です。※ ルクス:照明の明るさの程度を表す単位

心と体が元気になる!朝散歩のやり方

最強の朝活!?「朝散歩」で1日を始めよう!そのメリットとやり方を解説


1. 10〜30分だけ歩く
朝散歩は10〜20分で十分!ちょっと短くない?と思われるかもしれませんが、日光を浴び始めて10〜15分ほどで「セロトニン」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.