くらし情報『子どもの「なんで、どうして」攻撃に、「元々はですね」』

2021年1月25日 08:51

子どもの「なんで、どうして」攻撃に、「元々はですね」

そういうものだと、つくづく思います。

私も子どもには、なぜなのかを考えることと、由来を知ることを大事に、と伝えたいと常々思っています。

子向けにも、物事の由来を説明している事典はたくさん出版されています。図書館や本屋さんで、色々手にとってどれがお子さんに合っているか試してみることをお勧めしますが、例えば、『こども語源じてん』(聖心女子大学教授、山口佳紀:編/講談社)はどうでしょうか。

子どもの「なんで、どうして」攻撃に、「元々はですね」


普段使っている言葉の中から選ばれたおもしろ語源エピソードが、約600語載っています。リビングに置いておくと、暇なときに手軽に言葉の由来を知ることができるので、自然と物知りになるかもしれませんよ。

そもそも語源がわかると、言葉を覚えるのが楽になりますし、語彙が増えれば、読書も学校の教科もどんどん面白く思えてくるのではないでしょうか。息子の「なんで銀行では社長と言わないで頭取というの?」に応えてくれた事典。「ちゃんこ」鍋の謎もスッキリ。

「元々はどうやって始まったの?」という疑問は、考えてみれば日常のあらゆる場面にも抱けるものですね。

『はじめてのはじまり』(中川ひろたか:ぶん、中野真典:え/小学館)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.