くらし情報『子どもからの質問に備えよう、為替のこと』

2021年2月1日 08:37

子どもからの質問に備えよう、為替のこと

では、輸入から考えてみましょう。

ハワイに旅行し、おみやげにルイ・ヴィトンのバッグを買いたい。
おみやげを日本に持ち帰るので、個人輸入したのと同じ経済効果になります。

価格が1,000ドル、為替レートが1ドル=80円だと円換算で80,000円を支払うことになります。為替レートが1ドル=120円だと120,000円となりますから、1ドル=80円の方がお得なのは理解しやすいですね。読者の方の中には実体験された方も少なくないと思います。

ドルを買う時に、少しでも少ない円でドルに交換できる方がお得になり、支払う円が少ない状態を円高、反対に多い場合を円安と表現します。この場合はたいていの人が理解し易いはずです。反対に、輸出を考えてみましょう。

あなたは任天堂の社員でスイッチをアメリカで売る担当者になったと想像してください。スイッチの競合商品の価格が450ドルだとします。スイッチは少し高く500ドルであっても人気があれば売れます。しかしながら、円で売上と利益を考える場合には必ず為替レートが関わります。

スイッチ500ドルで売るとすると、為替レートが1ドル=80円だと円換算で40,000円。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.