くらし情報『キャリア・パスポートは未来への道標 キャリア教育の現在は?【気になる!教育ニュース】』

2021年2月11日 08:52

キャリア・パスポートは未来への道標 キャリア教育の現在は?【気になる!教育ニュース】

第38回キャリア・パスポートは未来への道標キャリア教育の現在は?

小中高成長の道筋をつなぐポートフォリオ
最近、学校教育で導入された、「キャリア・パスポート」を知っていますか?

キャリア・パスポートとは小学生から高校生までのキャリア教育に関わる活動を記録、蓄積し、自らの変化や成長を評価するための記録、ポートフォリオのこと。2020年4月から全国の小中高校に導入されています。

私も小学校5年生と中学2年生の時、職場体験に行った記憶がありますが、最後に感想文を書いたら終わり。そうではなく、小学校から高校までの各経験をつないで成長の道筋を可視化できる教材がキャリア・パスポート、というイメージでしょうか。

自分で考えることが、生きる力の基礎になる
少子高齢化、グローバル化、デジタル社会の推進など、大きな転換期を迎えている日本社会。困難な状況を生き抜く力を育てるために、キャリア教育が必要、と言われています。

客観的に自分自身を分析し、職業、社会と対応させる。「自分の性格だと、こんな職業に就きたい」「個性を生かして、社会の中でどんな役割を果たせるだろう」など、自分と社会の関係を意識した視点を持つことができる、そんな効果があることがわかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.