くらし情報『第36回中国人ママ会に参加して考えたこと』

2021年2月22日 09:00

第36回中国人ママ会に参加して考えたこと

2018年より中国・広州に滞在中の5歳児ママです。独身時代は上海で暮らしたことがありますが、現地で子育てしてみると驚きと発見の連続。(現在、コロナによる退避のため、一時帰国中)英語メインの幼稚園に転入した娘。授業は英語、日本人生徒もいるけれど、同級生は7割が中国人。

6時間近く続いたママ会
最近、友達とけんかして幼稚園を休みがちな中国人クラスメイト、ルーシー。ファッションデザイナーであるルーシーママの発案で、交流会が企画されました。幹事は、クラスのお世話係で日本語堪能な中国人、通称ゆうこさん。ルーシーママは「今日の費用は、私に全部支払わせて」と気合十分です。

10組が参加したママ会ですが、日本人は私達親子だけでした。

降園後、門の前で待ち構えていたルーシーの車に乗り、親子3組で3時半にお店に到着しました。子ども達は、すぐに大きな遊び場に入って、大喜び。しかし、残りの参加者はなかなか現れません。

「皆、いつ来るのかな?」という私に、「帰宅したり、習い事に行ってから来るみたい」とゆうこママ。最終的に、全員がそろったのは18時でした。うーん、夕食会になってしまいました。私の見積もりでは、18時くらいには解散するつもりだったのですが。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.