くらし情報『子供2人を育てるための貯金額の目安は?貯蓄を増やすコツも紹介』

2021年2月8日 08:45

子供2人を育てるための貯金額の目安は?貯蓄を増やすコツも紹介

2人目の子供が生まれると、気になるのは子供2人を育てるにはお金がいくらかかるのか、と言うことではないでしょうか。お金はすぐには貯まらないので、子供が小さいうちからコツコツと貯めることが大切です。

今回は子供が2人いる家庭における貯金額の目安と、貯金のコツについて解説します。

子供2人を育てるための貯金目安はいくら?

目次

・子供2人を育てるための貯金目安はいくら?
・子供2人の養育費をしっかり貯めるコツ
・子供2人の教育費は早めから貯め始めよう
子供2人を育てるための貯金額の目安は?貯蓄を増やすコツも紹介


子供を育てる上で、必要となるのは、教育費と養育費です。子供2人を育てるには、貯金はいくら程度必要なのでしょうか。

子供2人では約5,300万円必要
子供1人を大学まで通わせる場合、全ての学校が公立でも1,000万円程度かかると言われています。また、子供が大学卒業までにかかる養育費は、約1,640万円というデータもあります。そのため、子供1人を育てるにあたり約2,640万円が必要であり、2人の場合は最低でも約5,300万円が必要となります。

また、私立の学校に通った場合、費用は倍以上になると考えられますので、さらに多くの貯金が必要となるでしょう。

子供2人の養育費をしっかり貯めるコツ

子供2人を育てるための貯金額の目安は?貯蓄を増やすコツも紹介


2人の子供を大学卒業まで育てるとなると、5,300万円近くのお金がかかります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.