くらし情報『【フランスからの報告】子どもの誕生会事情』

2021年2月6日 10:51

【フランスからの報告】子どもの誕生会事情

第15回「もてなし過ぎない」が暗黙の了解?フランスのお誕生会

当の子ども達は楽しんでいるけれど、親にとっては、実は招ぶ方も招ばれる方も面倒で余計な悩みも生じるのが「子どもの誕生会」。フランスもそれは同様。

ただフランスの親達の「割り切り」は、シンプルでわかりやすく、かなり爽快。

日本での参考になるかは「はてな?」ですが、ちょっと覗いてみてください

準備・その1ご招待リスト
誕生会を開く主流は4歳から9歳。(我が村の場合、10歳以上になるとスキー競技などでフリータイムなしの子どもが増えるので)

どの親子も揉めるのは「何人招くか」「誰を招くか」。子ども達にも「付き合い」があるので、任せておくと数はどんどん増える。しかし多ければ多いほど大騒ぎになることも間違いない。

というわけで最多で10人。できれば6人前後が理想と多くの親は考える。

水曜日か土曜日(フランスの幼稚園&小学校は水曜が休みのため)の14時から18時に設定されることが多く、そのため水曜や土曜は村のあちこちに「誕生会の家への道順を示す風船」が登場する。

【フランスからの報告】子どもの誕生会事情


準備・その2バースデーケーキ
14時から18時ということは、おやつタイム。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.