くらし情報『【入学準備特集】鉛筆を使わずに「字を書く力」を高めるには?』

2021年3月13日 09:03

【入学準備特集】鉛筆を使わずに「字を書く力」を高めるには?

小学校入学を目前にして、「うちの子、いまだに鉛筆の持ちかたが怪しくて……」と心配しているママもいるのでは?

入学前に字を書く練習をどこまで行うかは、幼稚園や保育園によって差がありますが、小学校に入ると、鉛筆を持つ時間がいきなり増えるのは事実です。いよいよ始まる学生生活、勉強を楽しんでもらうには「いかに筆記を苦に感じさせないか」が大切ですよね。

そこで今回は、たくさんの文字を少しでも楽に書けるようになるための「指先トレーニング」をご紹介します。

遊びの中で、指の関節や手首をしなやかに

目次

・遊びの中で、指の関節や手首をしなやかに
・はき掃除で指先や手首の調整力UP
・鉛筆に限らず、さまざまな筆記具に親しんで
【入学準備特集】鉛筆を使わずに「字を書く力」を高めるには?


さて、わが家の場合、息子は幼稚園でひらがなの書きかたを教わった上で入学しましたが、1年生の頃は、持ち帰ったノートを見ると想像以上に字がぐちゃぐちゃで、「このままで大丈夫だろうか」と不安がつのる日々でした。漢字練習や日記の宿題もなかなか終わらず、見ていてイライラしてしまうこともありました。

息子の様子をよく観察してみたところ、指関節や手首・ひじ・肩の動きが硬く、ぎこちなさが目立ちました。そこで、鉛筆を握らせて文字を書く前に、指先をほぐす運動をしたほうが良いのではないかと思い、以下のような遊びを積極的に取り入れるようにしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.