くらし情報『妊娠初期の過剰摂取に注意が必要なのは、ビタミン〇!!』

2021年2月18日 09:48

妊娠初期の過剰摂取に注意が必要なのは、ビタミン〇!!

目次

・ビタミンとは?
・妊婦が注意すべきビタミン
・ビタミンAの欠乏症と過剰症
・ビタミンAの適正量と上限値
・ビタミンAを多く含む食品
・注意が必要なのはサプリメント
・まとめ
妊娠初期の過剰摂取に注意が必要なのは、ビタミン〇!!


妊娠中に注意が必要な栄養素として、葉酸や鉄分は聞いたことがあると思います。妊娠中はお腹の赤ちゃんの分までしっかり栄養をとらないといけないので、普段の食事以外にサプリメントで栄養を補給している人も多いと思います。

葉酸や鉄分と一緒にマルチビタミン等のサプリメントを摂取している場合は、どんなビタミンの種類が入っているのか注意する必要があります。なぜなら、過剰摂取により胎児に影響を及ぼすビタミンがあるからです。

ビタミンとは?

妊娠初期の過剰摂取に注意が必要なのは、ビタミン〇!!


そもそもビタミンとは5大栄養素の一つで、体の調子を整える機能があります。 ビタミンは脂溶性(ビタミンA、D、E、K等)と水溶性(ビタミンB、C、葉酸等)に分けられ、適量を摂取することで健康保持に役立ちますが、不足することで欠乏症になったり、逆に過剰症でも健康被害を及ぼすことがあります。

妊婦が注意すべきビタミン

妊娠初期の過剰摂取に注意が必要なのは、ビタミン〇!!


妊婦が過剰摂取することにより胎児に影響を及ぼすビタミンとは、ビタミンAです。

ビタミンAはレバーやうなぎ等の動物性食品に含まれるほか、プロビタミンA(ビタミンAの前駆体)として緑黄色野菜や果物などの植物性食品にも含まれています。

ただし、植物性食品に含まれるプロビタミンAについては、体の中でビタミンAが不足したときのみ、プロビタミンAから必要な分だけビタミンAに変換されることから、過剰症にはならないと言われています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.