くらし情報『学校でいじめられないか心配!軽度知的障害がある小学生の特徴や対策』

2021年3月2日 16:34

学校でいじめられないか心配!軽度知的障害がある小学生の特徴や対策

子どもに軽度知的障害があると、学校でいじめられないか心配になる親も多いでしょう。学校で子どもを監視することはできないため、事前に対策をとることがとても重要です。

そこで今回は、軽度知的障害の子どもが小学校でいじめられないために親がすべき対策について解説します。

軽度知的障害とは?割合は?

目次

・軽度知的障害とは?割合は?
・軽度知的障害の特徴
・小学校でいじめを防ぐための対策
・学校と情報共有して未然にいじめを防ごう!
学校でいじめられないか心配!軽度知的障害がある小学生の特徴や対策


軽度知的障害は、知的発達障害のことです。症状の程度は、軽度・中等度・重度・最重度の4つ。症状が軽度になるほど気づかれにくい傾向があります。

診断が遅れると、日常生活にうまく順応できずに悩み続けることもあるようです。

軽度知的障害の特徴

学校でいじめられないか心配!軽度知的障害がある小学生の特徴や対策


それでは、軽度知的障害に見られる特徴を紹介します。該当する項目があるか確認してみましょう。

知的機能の発達に遅れがある
軽度知的障害では、買い物をしたときの簡単な計算、抽象的な文章の読み書きなどができないことが挙げられます。

また、計画を立てたり優先順位をつけて行動したりすることが苦手な子も多いようです。

適応能力が十分に育っていない
軽度知的障害の子どもは、適応能力が育まれにくいことも大きな特徴といえます。適応能力とは、環境に合わせて行動や考え方を合わせる能力のことです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.