くらし情報『学校でいじめられないか心配!軽度知的障害がある小学生の特徴や対策』

2021年3月2日 16:34

学校でいじめられないか心配!軽度知的障害がある小学生の特徴や対策

適応能力が低い軽度知的障害の子は、他人とのコミュニケーションがうまく取れなかったり柔軟に対応できなかったりします。また、状況に合わせた態度や行動をとることが苦手なケースも多いです。

小学校でいじめを防ぐための対策

学校でいじめられないか心配!軽度知的障害がある小学生の特徴や対策


重症度の中でも一番症状が軽い軽度知的障害ですが、学校では周りにうまく溶け込めない子も少なくありません。

そこで、子どもが学校でいじめられないために親がすべき対策を紹介します。

学校側にサポートをお願いする
まずは、子どもの行動や考え方に関する特徴を学校と共有しておきましょう。子どもによって症状の現れ方には個人差があるため、事前に担任の先生に伝えておくことでうまくフォローしてもらえます。

特に小学校では集団行動も多いので、フォローができる体制を整えておくことが大切です。親と学校が協力し合うことで、いじめもうまく回避できるでしょう。

日頃から子どもと話す時間をつくる
日頃から子どもと話す機会をつくりましょう。親子で信頼関係が築けていれば、学校で何か問題が起きたときに親にすぐに相談してくれるはず。

たとえ相談してくれなくても、子どもの様子からいじめの兆候に気づけるかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.