くらし情報『子どもの自閉症は親の責任?治療する方法や接し方を紹介します』

2021年3月4日 11:29

子どもの自閉症は親の責任?治療する方法や接し方を紹介します

などと自分を責める親も少なくありません。ただ、親の育て方が悪くて自閉症を発症するわけではないことを理解しておきましょう。

自閉症を治療する方法

子どもの自閉症は親の責任?治療する方法や接し方を紹介します


自閉症の治療方法は、療育が基本となります。療育とは発達段階に合わせた問題の解決と将来の自立を支援する方法です。

子どもの症状に合わせて適切な方法で治療を進めていくため、無理なく生活上の困難を軽減させられるでしょう。

療育を行う場所は、地域の療育センター、病院やクリニックに併設された施設などがあります。しかし、受け入れる対象年齢や料金は施設によって異なるので、事前に確認しておくことが望ましいでしょう。

自閉症の子どもへの接し方

子どもの自閉症は親の責任?治療する方法や接し方を紹介します


次に、自閉症の子どもへの接し方を紹介します。子どもと接するときの参考にしましょう。情報は視覚でわかる環境に整える
自閉症の子どもはその場の空気を読んだり時間を把握したりすることが苦手です。そのため、家を出る時間までに「今何をすべき」なのか優先順位をつけて行動できません。

そんな子には、写真やイラストを使ったスケジュール表で行動を導いてあげることがおすすめです。文字情報よりも頭に入りやすいので行動しやすくなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.