くらし情報『学習障害が算数に見られる場合とは?特徴と勉強の仕方を紹介します』

2021年2月28日 14:25

学習障害が算数に見られる場合とは?特徴と勉強の仕方を紹介します

読み書きに見られる発達障害を「学習障害」と言います。また、計算能力に障害が表れることがあり、算数が不得意なケースも少なくありません。そこで、算数の学習障害の特徴と、どのように学習すれば学びやすいのかについて解説します。学齢期に合わせた学び方も説明しますので、必要に応じてサポートしていきましょう。

学習障害には算数を苦手とするタイプがある

目次

・学習障害には算数を苦手とするタイプがある
・算数の学習障害に見られる特徴と学習の仕方
・大人になってから診断されることもある
学習障害が算数に見られる場合とは?特徴と勉強の仕方を紹介します


学習障害としては、読み書きが苦手なケースが知られていますが、計算が苦手などの算数領域を不得意とするケースもあります。計算のルールを覚えられない場合や、図形や空間を不得意とする場合もあり、学年相当の学習を行うことが難しく、特別なサポートが必要となることもあるでしょう。

読み書きが苦手で算数が不得意になる場合も
算数において学習障害があるわけではなくても、読み書きが苦手なために算数が苦手になるケースも珍しくありません。例えば計算だけなら問題なく解けても、文章題となると何を問われているのかが分からず、答えを埋めることができない子供もいます。

算数の学習障害に見られる特徴と学習の仕方

学習障害が算数に見られる場合とは?特徴と勉強の仕方を紹介します


算数にもさまざまな分野があるように、算数における学習障害もさまざまな状態があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.