くらし情報『学習障害は親のせい?子供のためにできることと避けたいことも解説』

2021年3月1日 09:29

学習障害は親のせい?子供のためにできることと避けたいことも解説

読み書きや計算に対して問題を抱える発達障害を「学習障害」といいます。学習障害は親の遺伝が原因なのか、また、学習障害だと診断されたときには、親はどんなサポートができるのかについて見ていきましょう。

学習障害は親の遺伝?

目次

・学習障害は親の遺伝?
・学習障害の子供にできる親の対応
・常に愛情ある態度で学習障害の子供を導こう
学習障害は親のせい?子供のためにできることと避けたいことも解説


学習障害が遺伝するかどうかは明らかではありません。しかし、学習面において親の行動などの影響を受けることもあるので、遺伝ではないとは言い切れない点にも注意が必要です。

例えば、親が根気よく学ぶ姿勢や読書に親しむ姿勢を見せていないと、子供も文字を読まず複雑そうな物事に対しては取り組まないようになることがあります。また、日常生活の中で算数につながるものを見つけて子供と共有する習慣がある家庭と、算数的な興味をまったく持たない家庭では、子供の興味の範囲や能力にもある程度の違いが生じることがあるでしょう。

学習障害の子供にできる親の対応

学習障害は親のせい?子供のためにできることと避けたいことも解説


学習障害は先天的な要素が強く、子供の努力不足によるものではありません。子供に学習障害があると思われるときは、親はできるだけ迅速に対応することが大切です。

子供の観察と病院での診断
読むことや書くこと、数などに興味を持っているか子供の様子を観察しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.